マンション投資と時間リスク

11月 9th, 2014 @ admin

投資には、必ずリスクというものが存在しています。投資におけるコンスタントな成功を目指すのであれば、このリスクについてしっかりとコントロールしていくことが重要になります。そこでここでは、マンション投資におけるリスクについて考えていきたいと思います。

マンション投資はマンションを購入して賃貸に回すことによって利益を得る方法です。そのため、まずマンションを購入することが必要となりますから、一般にハイリスクな投資であるというように考えられていると思います。確かに必要となる資金の大きさによるリスクは大きいのですが、その反面で低いリスクというものもあります。

それは、暴落のリスクです。株式や外貨に対する投資というのは、ちょっとした事情によって大きく下落する可能性があり、その場合に大きな損失を出す可能性があります。これらの投資はこの落差を利用して短期間で利益を出すことを目標としているという面もあります。

対してマンションは、それほど急激に価値が下落することはありません。ただ、時間が経つことによって必ず老朽化していくので、時間によって価値が下がるリスクというものを常にかかえていることは知っておく必要があります。

マンション投資の最新情報をご紹介します。
金融リテラシーが身に付く専門サイトがオープン!
金融コンサルタントが執筆した有益な情報が詰まっています。

REITと不動産投資の共通デメリット

10月 26th, 2014 @ admin

REITと不動産投資をしていく際の、共通のデメリットというのは、やはり家賃などからくるものを利益としていることが影響している点にあると言えます。これらは逆に毎月安定して収入を得ていけるメリットになる可能性もありますが、やはり家賃が支払われないなどのことがあると、それが大きなデメリットになってしまうこともあると言えるでしょう。

このようなリスクをしっかりと知っていないと、不動産投資とREITの共通デメリットを知ることができない、意識することができない場合もあると言えます。

不動産投資独特のデメリットというのは、不動産投資の性質を持っているものであればどのような投資でも関わってくる可能性が高いと言われています。そのため、ないものとして考えることはなかなかできないと言えます。目をそらしてしまうようなことがあると、それによって足元をすくわれてしまったり、リスクに気付くことができないということになりがちです。

不動産投資で足元をすくわれてしまうという状況は、それだけ対策などを練れていない状況であるともいえるため、非常に大きなデメリットになってしまう可能性もあります。
REITの場合でも当然注意が必要です。

REITを用いた海外不動産投資

10月 11th, 2014 @ admin

海外不動産への投資というのは、とても難しいものというイメージがあるかと思います。しかし、実は海外不動産へ比較的簡単に投資を行う方法というものが存在しています。それが、REITを利用するというものです。REITというのは投資を行っていない人にとってはあまり馴染みがないかと思いますが、Real Estate Investment Trustの略称であり、不動産投資信託のことを指しています。

日本国内にもJ-REITというものがありますが、本場はアメリカのものです。これに対する投資を行えば、小さな額からでも不動産に対する投資を行なうことが出来ます。REITでは一般的な投資信託と同じく、物件の購入を自分一人で行う必要がありません。複数の投資家が共同出資者となって不動産を購入し、利益について投資率を元にして分配されるため、それほど投資に回せるお金が多くない,という人でも十分利用することができるのです。

ただし、購入銘柄についてはしっかりと考えて選ぶようにしましょう。不動産投資は最終的には賃貸や観光収入などを元にして分配が行なわれるため、これらによる利益があまり入らないような場所の物件に投資しても効果が薄いと言えます。